Windows11へ備える

windows-11

Windows11へアップグレード確認方法

システム要件チェックツールをここからダウンロード

多くは、TPM2.0とBIOSにあります。

スタートメニューを開き、Shiftキーを押したまま再起動
トラブルシューティングを選択

画像の説明

詳細オプション

画像の説明

UEFIファームウェアの設定

画像の説明

①「Advanced(F7)」をクリック
②Settings→Security→Trusted Computing
以下の通りに変更します。
Security Device Supported:有効 (=TPM有効)
TPM Device Selection:PTTを有効化する(ここが原因)


説明 説明


チェックツールで確認すると有効化が確認できています

チェックツール

TPMを有効化できました。
多くは、TPM2.0の有効化が出来ていないのが原因です。
有効化してwin11へのアップグレードへ備えてください。



コメント


認証コード8344

コメントは管理者の承認後に表示されます。